suicaオートチャージはモバイルでも利用できる?

JR東日本が発行するIC乗車券のsuicaにおいては、2013年3月より新たに2つの機能が付加され、より利便性が高まっています。
1つは他のJR各社・私鉄が発行するIC乗車券との相互利用、もう1つは残高不足に柔軟に対応可能なsuicaオートチャージ機能の利用開始です。
後者の機能については、モバイルsuicaでも利用する事が出来ます。
そのモバイルsuicaを例に取って具体的に述べると、アプリ上でチャージ金額の決定を行って申込を行う事で、無料サービスとして利用が可能です。
利用が開始されると、駅への入場時に指定した残高が無い場合において自動的に設定した額のチャージが指定口座経由のクレジット決済で行われる事になります。
この際のチャージ額は1000円~10000円の範囲で設定しておく事が可能です。
このsuicaオートチャージが実行されるのは、今のところsuica及びpasmoが本来カバーするエリアと新潟・仙台エリアの改札に限られているものの、該当エリアで鉄道を利用する場合には残高不足の心配から解放される為、便利な機能となっています。