レスベラトロールとワインの関係

赤ワインから抽出される成分に「レスベラトロール」があります。
これはポリフェノールの一種でもあります。
それが、寿命延長機能がある事から注目を集めています。
レスベラトロールの話を聞いた人の殆どは、一斉に赤ワインを飲み始めます。
(笑)(苦笑)。
赤ワインには、「レスベラトロール」が含まれています。
※レスベラトロールですが、白ワインにはありません。
また、その含有量は微量です。
そのように言われています。
これは、なかなか大変なはなしになります。
特にアルコールが弱いと言う人には無理な話ですよね。
(汗)赤ワインに含まれるポリフェノールがあります。
そして、活性酸素を減少させてくれると言います。
良いでしょう。
毎日、赤ワインを飲んでいる人は動脈硬化になりにくいと言います。
これについては、医学界の研究でも報告されていることでもあります。
それでは赤ワインなら何でも良いのでしょうか!?赤ワインが樽の中で熟成されますよね。
言い換えると、つまり、年代物の赤ワインの方がレスベラトロールの効果は高いと言うことですね。
安物の赤ワインでは、抗酸化作用の効き目は弱いと言うことです。
そのように考えて良いでしょう。
スーパーでもワインがありますよね。
ですから、毎日でも飲もうと思う父さんにはちょっと残念な話と言うことですね。
(涙)それでもビールよりは健康に良いですよ。
そう言えます。
そして、本当にワインの影響で寿命が延びているのかについてですが、これには疑問の声もあるようですね。
(汗)