特定看護師の反対意見って?

特定看護師の大切さが検討されている中で、反対をしている4割が医師だということを知っていますか?医師の役割を少しでも担うことによって、業務が軽減されるわけですから医師にとっても大切な存在になるはずの特定看護師を反対しているのが医師なのです。
なぜ、医師たちが反対をしているのでしょうか。
つまり、医師に診てもらいたいにも拘らず看護師に診療してもらうのはおかしいのではないかということです。
また、看護師自体が不足している中で特定看護師に課せられる任務は大きすぎるのではないかという意見もあります。
やりがいはあるものの、特定看護師の業務は多忙化しより看護師不足に拍車をかけてしまう可能性があると懸念されているのも事実です。