NISAするならノーロード型ファンドがおすすめ?

少額投資非課税制度(NISA)で運用する際の投資信託選びは、コストにも配慮する必要があります。
購入手数料がかからない「ノーロード型」が望ましいのはもちろんですが、同時に運用管理費用も極力低い料率のものを選ぶべきでしょう。
具体的には、インデックスファンドなどは一般的に運用管理費用が安く設定されています。
東証に上場されているETFというタイプのインデックスファンドであれば、さらにローコストでの運用が可能です。
「運用管理費用の安いファンドはよい運用成績が期待できないのでは」という心配は無用です。
運用管理費用の中身を見るとわかりますが、一般的に販売金融機関に入る代行手数料分が高いため運用管理費用がかさ上げされている例をよく見かけます。
運用管理費用の高低は、運用能力の良しあしとは関係ないのです。
最近は「ノーロード型」のETFが増えています。
NISAを利用する場合には、各ファンドをよく比較・検討した賢い投資が求められます。
http://xn--nisa-t01ir75g8lyqgv.com/